現代のお墓に対する考え方の変化

共白髪で仲良く暮らし、死んでもあの世で一緒にいたいと願う夫婦がいます。あの世でも互いに愛し合い、一緒に過ごしたいということは、お墓も一緒に入りたいということを意味します。そのため、生前から夫婦で一緒に墓地を探し購入する人がいるのです。こういった夫婦関係はとても理想的だと言えるのです。その一方で、あの世まで行って夫婦関係を続けたくない、夫や妻とは別のお墓にしてほしいと強く願う人たちもいるのです。そのために散骨やパートナーとは別の墓に納骨することを我が子に託す人もいるのです。昔は先祖代々からの墓に入るのは当然で、嫁に来たら夫の家系の墓に入るのは当然のことでした。またそのことに誰も疑問を抱いたり、否定する事も許されませんでした。しかし現代は、そうした封建的なものの考え方が崩壊し、現段階での夫婦関係の状態によって墓をどうするかといった選択の自由が許されるようになってきているのです。


実際結婚し実家を出たにもかかわらず、夫の家系の墓には入らず、自分の実家の家系の墓に納骨を希望し納められている人も現実にいるのです。また納骨を夫婦一緒にするのか、別にするのかといったことにとどまらず、墓に対する既成概念が大きく変化していっているのです。今や夫婦一緒に納骨するか別に納骨するのかといった問題は、それほど驚くべきことではなくなっているのです。それどころか、墓友といって生前から一緒に墓に入る友だちをつくることが流行しているのです。これは既存のお墓に対する考え方に革命が起こったといっても過言ではありません。墓友とは、一緒に共同墓に入る人のことを指すのです。共同墓と言えば、昔は孤立無縁、全くこの先墓を守って継承してくれる血縁を持たない人が主に入る墓でした。しかしそうした共同墓にあえて選択して入りたいと強く希望する人が増加しているのです。嫌なパートナーやあまり接点のなかった血縁者と一緒に墓に入るより、本当に親しかった人とお墓に入りたいとする自然で純粋な考え方による墓地の選択方法なのです。また共同墓は主に広大な緑豊かな公園のようなところに埋葬され、故人を特定するような墓石碑も建立されません。


そのため親族が墓の管理や手入れをする必要もないのです。故人は遺族に煩わしい事をさせずに済み、安心して永遠の眠りにつけるというのです。共同墓は、故人にとっても遺族にとってもメリットがあるのです。共同墓の代表的なものに樹木葬という大自然に囲まれた墓地があり、今大変人気を集め多くの人が納骨を希望しているのです。

生涯末代まで受け継がれる大事なお墓づくり・墓地選びを当社がしっかりサポート致します。 お墓のディティールが気になる方は、まずは資料をお読み下さい。 被災地墓石義援金キャンペーンを実施しております。 当社の対象エリアは、東京都・神奈川県・埼玉県の1都2県で、約100ヶ所の主要地域を対象としています。 人生の集大成となる建墓をお手伝い。 大切なお墓づくりで失敗したくないお客様。 家族の負担にならないお墓なら美郷石材へ。